2013年10月8日火曜日

橋の上で・・・・・ アマツバメ

                                                                        

鳥たちとの出会いは、探鳥会など双眼鏡を持っている時ばかりとは限りません。野外だけではなく、室内にいる時さえ鳥の声がすると思わず聞き入ってしまうことも・・・・・鳥に一旦興味を持ってしまうと、声や姿が、目や耳に入って来るたびに反応してしまうものですね。
 私の鳥仲間・・・・大先輩なのですが、映画を見ることが趣味の方がいらして、なるほど映画が上映されている間は、この”職業病”からは開放されるのだと勝手に感心したものでした。もっともヒッチコックの”鳥”を見たときは登場したカモメの種類を識別していたとか・・・・・・

 多摩川に丸子橋という橋があります。確か得意先の工場がある川崎側から東京側にある勤め先の会社に戻るときで、車の流れは信号待ちで止まっていたのか、ゆっくり流れていたのだと記憶しています。フロントガラスの向こう側を横断していく鳥の群れを見ました。おそらく季節は秋。渡りのシーズンだったのだと思います。幸運だったのは、かなりの近距離で見ることができたこと。何しろ、下面の縞模様が肉眼で確認できたほど、かなり印象的でした。おそらくアマツバメをこれほどの至近距離で見る機会などそれほど無いことです。

 最近では車を運転する機会も殆どありませんが、運転中に鳥を見てしまうことは安全上程々にしたいものです。

(西区 柳場 稔)

神奈川支部HPへ