2017年10月1日日曜日

北海道の山で鷲に遭遇

 
川崎市多摩区 増岡俊晴

昭和49年夏、私は登山同好会の新入生として、原始の残るカムイエクウチカウシ~幌尻岳の稜線上にいた。長大な稜線上に遮るものは何もなく、容赦なく太陽は照り付ける。ここでの問題は水の確保だ。
 新入生の私は、リーダーの指示で、鞍部から沢に下り水を補給することになった。道こそないが、標高は森林限界を越えている。登降は難しくない。時間にして下り30分、登り1時間というところ。
沢で水を確保し、鞍部までの途中まで来た時、私はそれに遭遇した。両翼を広げてタタミ一畳はあると思える鷲。その鷲が上昇気流をとらえるために斜面を急降下してきた。私のことは全く視野に無い様子。私の足は止まった。恐怖から本能的に身を屈める。鷲が真上を過ぎ去る。アッと言う間。手の届くほどの高さ。横幅はタタミ一畳。全身、暗茶色。羽音の記憶は全くない。
あれ以来、北海道の山に登る時間的な余裕は無いが、それでも暇を見つけては近隣の山に登る。猛禽類の飛翔を見ると、あの時のことを思い出す。あの鷲は何だったのだろう?両翼を広げてタタミ一畳。全身、暗茶色。上昇気流を捕えるための滑空。その時の私の恐怖感。 中年になって野鳥の会の会員になった。あまり熱心とは言えないが、それでもガイドブックを手に取り双眼鏡を覗くようになった。あの鷲はイヌワシなのか?北海道のイヌワシは稀少と読める。別な種類なのか?堂々巡りの思い出は決着しない。

2015年7月28日火曜日

神山山頂にて・・・・ヒガラ

横浜市  柳場 稔



 私がまだ野鳥の会に入会する直前か、入会して間もない頃の話。
 目的地を箱根に選んだのは、何を見たかったとか、特定の種類をピンポイントで狙うとかではなく、ただ初夏の山の空気を味わいながら、鳥を探してみたかったのだと記憶しています。箱根は、神奈川県内でも丹沢周辺と並び、主な夏鳥の繁殖地に挙げられます。自宅から始発の電車に乗り、小田急線、箱根登山鉄道と乗り継ぎ、さらに強羅からケーブルカーで・・・・「神奈川の野鳥」の箱根のページを開くと、早雲山駅に丸印が付けられていました。当時の記憶は定かではないのですが、早雲山経由で最高峰の神山を目指していたのだと思います。


 残念なことに当時の観察リストも残っていないようですが、谷間で聞くコマドリの囀りだけは何故か強く記憶に残っています。

 神山山頂に到達すると、あたりには薄く霧がかかっていました。一息つくと、目の前の枝に数羽の鳥の群れを発見。頭部は黒地に白い斑点。カラ類の幼鳥だということは直ぐにわかりました。写真に収めようとカメラのレンズをセットして構えていると、なんと彼らの方から接近してくるではありませんか。気がつくと200mmレンズではピントが合わない最短撮影2m以内の文字通り手の届く距離にまで来ていました。おそらく人間という動物に生まれて初めて出会ったのでしょう。興味深げにこちらを覗き込んでいます。少し離れた場所には心配でたまらないのか、落ち着きなく動きまわっている兄弟たちの親と思われるヒガラもいました。


山頂にはヒガラの他、ミソサザイ、センダイムシクイなどがいました。少しばかり霧がかかっていたせいもありますが、鳥たちと人間私一人、特別な世界にいたように思える不思議なひとときでした。

 
 現在、箱根は大涌谷の小規模噴火により立ち入りが制限されている場所もあります。自然の力は人間の及ばないところにあるものですが、一日も早い終息を願わずにはいられません。




「形のない宝もの」投稿募集中

 鳥との出会い全てに自分だけの物語があるとしたら、それは形のない宝もの。このコーナーは、鳥に纏わる”とっておきの話”を紹介するコーナーです。素敵な鳥の思い出をお持ちの方は是非投稿をお願いできればと思います。

投稿先、お問合せは lapwingアットマークjcom.zaq.ne.jp 柳場 稔まで 

2015年4月10日金曜日

花粉症との闘い・・・・・ヒメハジロ

ヒメハジロは北米で繁殖、越冬する日本国内では稀な冬鳥。ハジロとありますが、キンクロハジロなどと異なり、ホオジロガモと同属のカモです。
 もしも県内でも普通に渡来する種類であったなら、その愛らしい姿からミコアイサと並ぶカモ界のアイドルとなっていることでしょう。
 そのヒメハジロが茨城県涸沼に現れたという情報を入手したのは1990年代の3月のこと。
 当時北米の鳥図鑑を持っていたので、私はその存在をBuffleheadとして知っていましたが、それを和名ヒメハジロとしてどのようにして認知したのか、正確に記憶しておりません。
 その年はまだ花粉症を発症していなかったものの、時期的にかなりやばいものはありました。それでも、その愛らしい姿を一目みたいということで、一路涸沼へと愛車を走らせたのでありました。

 現地到着後、それほど苦労せずにアシ原の向こうに浮かぶヒメハジロのオス一羽を見つけることが出来ましたが、一歩車から出ると・・・・・風が、風が強い。これはかなりヤバイ。ひと通り観察を終えるとそそくさと車の中へ。ドアを閉めると案の定眼が痒い。天罰覿面。
 帰路、目の痒みと涙でサービスエリアに何度も車を入れて眼を冷やしましたが、首都高に入る頃には視力さえもかなり損なわれるほどに。

 なんとか無事に帰宅。そして翌日は定期探鳥会。懸命の手当てで充血は収まりましたが、瞼の腫れまでは取れませんでした。

 野鳥の会の方のなかでも花粉症の方は少なくないものと思われます。こんなに自然が好きなのによりにもよって心弾むこの季節に何故自分は苦しまなければならないのかと思うかも知れません。でも考えてもみて下さい。スギ・ヒノキも環境悪化のストレスから多量の花粉を散布しているのは心優しいあなたに助けを求めているのかもしれません・・・・これで少しは楽に・・・・なりませんか。やっぱり辛いですよね。

西区 柳場 稔



●追記

①偶然の出会いこそ最高

 今回の記事について神奈川支部的に見ると”動物園見物”的な鳥見を奨励しているかのように見えると批判を受けるかもしれません。もちろん奨励しようなんて気持ちは全くありませんが、過去において私が事前情報によってライフリストを稼いできたことも事実なのであります。(因みにこの当時は現在のような情報ネットワークは発達しておらず、当日現地で観察していたのは私ひとりでありました)
 しかし、私の経験から事前情報による鳥見よりも偶然の鳥との出会いのほうがむしろ感動は大きいものがありました。これは確かです。今後はそのような鳥との出会いをいくつか紹介できると思いますので、どうぞ御期待下さい。

②危険を冒してまでの鳥見なのか?

 現在では花粉対策アイテムも当時に比べものにならないものがあり、花粉症自体の影響も軽いものとなってきました。しかし、いかなる形であり危険を冒してまでの鳥見は避けなくてはなりません。
当時のことは若気の至りだったということで、どうかお許し下さい。
 
 柳場
 

2013年10月8日火曜日

橋の上で・・・・・ アマツバメ

                                                                        

鳥たちとの出会いは、探鳥会など双眼鏡を持っている時ばかりとは限りません。野外だけではなく、室内にいる時さえ鳥の声がすると思わず聞き入ってしまうことも・・・・・鳥に一旦興味を持ってしまうと、声や姿が、目や耳に入って来るたびに反応してしまうものですね。
 私の鳥仲間・・・・大先輩なのですが、映画を見ることが趣味の方がいらして、なるほど映画が上映されている間は、この”職業病”からは開放されるのだと勝手に感心したものでした。もっともヒッチコックの”鳥”を見たときは登場したカモメの種類を識別していたとか・・・・・・

 多摩川に丸子橋という橋があります。確か得意先の工場がある川崎側から東京側にある勤め先の会社に戻るときで、車の流れは信号待ちで止まっていたのか、ゆっくり流れていたのだと記憶しています。フロントガラスの向こう側を横断していく鳥の群れを見ました。おそらく季節は秋。渡りのシーズンだったのだと思います。幸運だったのは、かなりの近距離で見ることができたこと。何しろ、下面の縞模様が肉眼で確認できたほど、かなり印象的でした。おそらくアマツバメをこれほどの至近距離で見る機会などそれほど無いことです。

 最近では車を運転する機会も殆どありませんが、運転中に鳥を見てしまうことは安全上程々にしたいものです。

(西区 柳場 稔)

神奈川支部HPへ

2013年9月8日日曜日

銀杏の隠れ蓑・・・・・コムクドリ

 早いもので、私が消化器系の疾患で一回目の長期入院をしてから10年以上の時が流れてしまいました。
 入院が長引くということで、病棟の婦長さんが気を利かせてくれ、ベッドを一番窓に近い場所にしてくれました。窓に近いことは外の景色が見えるという利点だけでなく、時折訪れる小鳥たちの声を私に届けてくれました。
 もちろん病院の周囲は探鳥地ではありませんから、特別珍しい鳥が見られることはありません。それでもワクワクさせてくれる鳥の訪問はいくつかあったように記憶しています。コムクドリもそんな鳥のひとつでした。
 彼らは決まって夕方群れで現れ、ひとしきり休息した後、何処かへと去って行きました。彼らについて、ひとつ感心したことは、休息の場所に銀杏の樹を選ぶということです。観察する私からすれば残念なことですが、一旦銀杏の枝の間に潜りこむと、銀杏の葉は彼らを巧みに隠してしまいます。
 彼らが銀杏の樹を休息の場に選ぶのは、彼らの知恵だったのか、ただ偶然そこにあったからだったのか、本当のところは分かりません。(西区 柳場 稔)


神奈川支部HPへ

2013年1月4日金曜日

久則さんのお年玉・・・・・オオコノハズク


 原宿駅前に積雲画廊という小さなギャラリーがあります。もう随分昔のことですが、その年の正月は漫画家岩本久則氏の個展があったので、チョッと覗きに足を運んでみました。期待はしていなかったのですが、幸運にもちょうど画廊に顔を出した久則さんにお会いすることができ、予想だにしていなかった貴重な鳥情報をいただきました。「新宿御苑のオオコノハズクは見てきたの?」「えっ、知りません」こんなやりとりだったと記憶しています。もちろん双眼鏡も持参していなかったのですが、「きっと誰かが見に来ているから、覗かせてもらいなさい」久則さんは、わざわざ封筒の裏にオオコノハズクがいるという樹の場所までの地図を書いて下さいました。

 現地に到着すると、スコープでオオコノハズクを観察されている方が一名・・・・だったような。このレベルの鳥の出現にしては随分静かな状態です。近年のようにネット環境が発達していないのが幸いしたのでしょう。

 当のオオコノハズクといえば、やはり夜行性の鳥だけあって、木の洞のなかで時折薄目を開ける程度、眼の色を確認するのもやっとでした。

 鳥との出会いが人との出会いと関連した思い出になっているということは、何と幸せなことでしょうか。 その日の久則さんの作品の記憶が今では殆ど無いというのは内緒ですが・・・ (西区 柳場 稔)

神奈川支部HPへ
 

元気にさせてくれる鳥・・・・ヒタキ類 

                                                        西区 柳場稔

 一年のなかで、9月下旬から10月10日頃、その時期が来るのが楽しみでした。彼らの飛び方は少しばかりの慣れで、スズメやシジュウカラとの違いはわかるようになりました。小さな身体で危険な旅に挑戦するというのに、悲壮感など微塵も感じさせません。まるで生きていることが楽しいと、その軽快な飛ぶ姿は訴えているようにさえ見えます。つまらぬことに一喜一憂しているチッポケな自分にも小さな勇気を与えてくれるんです。